「アメリカコハクチョウ」                撮影地 : 群馬県

今シーズン渡来の数羽のアメリカコハクチョウの内、1羽はナキハクチョウではと思われる程
嘴の黄色部分が殆どなく、解像度の悪いレンズで撮影したり光線の具合に依っては嘴が真っ
黒に見え、さらにペアーの♀個体と思われる同伴の体の大きさが小ぶりなのでこの個体は大
きく見え一部の人がナキハクチョウと言っています。(この様な個体は数年前にも此処に現れ
一部のブログにナキハクチョウとして掲載されていますが、間違いと思います。)
さらに、ナキハクチョウの「プーッ」と言った鳴き声を聞いたと言う方もおられますが、録音され
てなく未確認です。

確かに、アメリカコハクチョウでもこれ程、嘴の黄色部分の少ない個体は私も初見ではあります
が、コロナ蔓延のこの時期不要・不急の撮影と思いますので、「密」にならない事を期待します。

なお、ナキハクチョウは本来アラスカから北アメリカ北西部に分布し、他の白鳥類のように渡り
をしないのですが、稀に迷鳥として過去数例が他の白鳥に混じって渡来しています。
最近では2006年久慈市・2009年石川県と島根県(同一個体?)・2012年福島県に記録あり
私は2009年島根県似て撮影。

ナキハクチョウはそんな珍鳥なので、この個体がナキハクチョウと言われ情報が拡散すると困り
ます。

顔写真のアップから掲載しますので、よろしくお願いします。左右とも嘴基部下側に少しの黄色
部分が確認できます。ナキハクチョウは黄色部分は全くありません。
アメリカコハクチョウ1507(2080)

アメリカコハクチョウ1508(2297)

アメリカコハクチョウ1505(2040)

アメリカコハクチョウ1504(2036)


中々近くで撮れないので、光の具合では嘴がっくろに見えます。 また、同伴のペアー♀と
思われる個体は小ぶりなので、この子が大きく見えます。
アメリカコハクチョウ1598

アメリカコハクチョウ1591

アメリカコハクチョウ1607

アメリカコハクチョウ1616

アメリカコハクチョウ2036

アメリカコハクチョウ2038

アメリカコハクチョウ2040

アメリカコハクチョウ2312

アメリカコハクチョウ1588

アメリカコハクチョウ2052

アメリカコハクチョウ2083

アメリカコハクチョウ2316

アメリカコハクチョウ2324

アメリカコハクチョウ2479

アメリカコハクチョウ2461

アメリカコハクチョウ2455

アメリカコハクチョウ2166

アメリカコハクチョウ2178

アメリカコハクチョウ2135

アメリカコハクチョウ2442

アメリカコハクチョウ2446